財団法人理事長あいさつ

認知症に関する介護教育事業などの一層の充実を

一般財団法人認知症高齢者医療介護教育センターは、福井県から指定管理者の指定を受けて、認知症専門病院である福井県立すこやかシルバー病院の管理運営にあたっています。

今後、全国的に認知症高齢者が急激に増加することが予想されている中、認知症患者さまに対する充実した医療、看護サービスの提供はもとより、そのご家族や県民の皆さま、老人福祉施設、介護保険施設、医療機関に勤務する専門職の方々などを対象とした介護教育事業に力を入れています。また、この事業の一環として、地域の公民館、学校などへの講師派遣を行っています。

さらに、平成29年度からは、福井大学医学部内に「認知症医学推進講座(寄附講座)」を設置しました。この講座は、福井大学と当財団が連携協力して認知症についての基礎研究、臨床研究を実施し、その研究成果を地域医療、介護教育の現場で活用していこうという試みです。

こうした取り組みを通じて、認知症に関する医療および介護教育のセンター的な役割を果たしていきたいと考えています。なにとぞ、県民の皆さまのご理解とご支援をたまわりますようお願い申し上げます。

  • 平成29年4月
  • 一般財団法人認知症高齢者医療介護教育センター
  • 理事長 橋脇 孝幸
↑このページトップへ