採用情報

常勤職員募集(医師)

<募集内容>

募集人員 精神保健指定医 1名
受験資格 年齢 30歳〜50歳位
就職支度金制度あり。
(詳細はお問い合わせください。)
応募方法 履歴書、免許証写しを準備のうえお電話にてお申し込みください。
選考方法 面接
待遇 ■夜間当直有り
手当の年俸への組入れ:含まない
-----------------------------------------------
■日直有り
手当の年俸への組入れ:含まない
-----------------------------------------------
■国内の学会出席
費用支給:旅費規程による
服務取扱:出張扱い
出席回数:適宜
-----------------------------------------------
■年収(標準)
5年目:1150万円〜
10年目:1300万円〜
手当の種類・金額:(診療実績に応じて変動。その他管理職手当、通勤手当、住居手当、扶養手当、決算賞与)
-----------------------------------------------
■退職金制度有り
-----------------------------------------------
■退職年齢 65歳
退職後の再雇用制度有り
-----------------------------------------------
■引越し補助金有り
就職支度金制度あり(平成25年4月より)。
-----------------------------------------------
■職員住宅なし
-----------------------------------------------
■職員住宅が無い場合の補助制度有り
支給金額:2.7万円/月
-----------------------------------------------
■社会保険有り
-----------------------------------------------
■週休 2日(土・日・祝日有り)
-----------------------------------------------
■有給休暇有り
採用初年度付与日数:20日/年
次年度以降の最高付与日数:40日/年
-----------------------------------------------
■夏期休暇有り
付与日数:5日
利用期間:7月〜9月
-----------------------------------------------
■年末年始休暇有り
付与日数:6日
-----------------------------------------------
■特別休暇
慶弔休暇:有り
その他の休暇:有り
-----------------------------------------------
■採用予定時期
随時
勤務時間 平日:8:30〜17:30(休憩60分)
振替休日・代休の付与:無し
問い合わせ先 一般財団法人認知症高齢者医療介護教育センター
〒910-3623 福井市島寺町93-6
電話 0776-98-2700
問い合わせ先
担当 山口、斎藤
E-mail:yamaguchi@fukui-sukoyaka-silver.or.jp
病院の医療特性
認知症高齢者の専門病院として外来部門では、認知症といわれる病状に対し、鑑別診断、BPSDに対する治療を行うとともに、医療に関しては紹介機関へのフィードバックを行い、介護保険サービスなどの福祉サービス利用者については、福祉機関と情報交換するなど医療・保健・福祉サービスとの連携を積極的に行っています。医療保険適用のデイケア部門では、活動を通して社会活動の場の提供、認知症の悪化防止とBPSDなどの出現を防ぐことを目的としています。病棟部門では、認知症疾患によるBPSDなどを薬物療法・非薬物療法による治療を行っており、医師による専門的治療や看護師・作業療法士などによるケアも治療効果を上げております。また退院後に適切な診療を行うため、地域の「かかりつけ医」との連携に努めています。認知症に関する知識の普及・啓発を進めることをねらいに、一般県民、医療従事者及び家族介護者などに研修や相談を行う介護教育部門を設けています。
地域の医療特性
本県は、9市8町から構成され、面積4,190㎢、人口約80万人を有しています。地理的単位として医療圏が設定されており、初期の診断・治療を行う一次医療圏(市町単位)、一般的な入院・治療を担う二次医療圏(日常生活圏より広域の範囲)および高度・特殊な医療を担う三次医療圏(県全域)に大別され、本県においては、福井・坂井、奥越、丹南及び嶺南の4つの二次医療圏が設定されています。当院が所在する福井・坂井医療圏には、県全域をカバーする基幹病院として、三次救急や総合周産期母子医療センター、精神科救急や基幹災害医療センター機能、県がん診療連携拠点病院機能を有する「福井県立病院」、特定機能病院である「福井大学医学部付属病院」をはじめ、奥越医療圏や丹南医療圏の地域がん診療連携拠点病院や地域周産期母子医療センターである「福井赤十字病院」、「福井県済生会病院」が存在し、県内の中核的な医療機能が集約されています。
医療連携の特性
認知症の診断・治療・服薬調整を行います。継続的な服薬治療は、かかりつけ医を紹介し連携を図ります。外来・入院患者の突発的な身体疾患の治療については、救急受け入れ可能な総合病院と医療連携を結んでおり、迅速な対応ができています。地域連携室・精神保健福祉士が4名配置されており、地域の総合病院・かかりつけ医師と連絡調整を行い、連携強化に努めています。介護サービス機関との連携は、精神保健福祉士が主体的に行っています。
医師に対する教育の取り組み
老年期における精神障害の中で、特に認知症疾患を対象とした診断のすすめ方および認知症の症候論的観点から多用な病像整理と、薬物療法ならびに非薬物療法の有用性を指導しています。生活者としての認知症患者をとらえる視点を培っていただくため、チーム医療における多職種連携や地域との連携を学んでいただきます。認知症に伴う行動と心理症状(BPSD)の診療やケアについても指導しています。

↑このページトップへ