院長あいさつ

認知症疾患専門病院として医療の質の向上とサービスの改善に努めます

当院は、認知症高齢者の専門病院として平成7年7月に「ふくい健康の森」関連ゾーンに福井県が設置した病院です。
また一般財団法人認知症高齢者医療介護教育センターが指定管理者として管理・運営を行っております。

外来部門では、「認知症」といわれる病状に対し、鑑別診断、BPSD(行動・心理症状)に対する治療を行い、医療に関しては紹介機関へのフィードバックを行い、介護保険サービスなどの福祉サービス利用者については、福祉機関と情報交換するなど医療・保健・福祉サービスとの連携を積極的に行っております。

また医療保険適用のデイケア部門では、活動を通して社会活動の場を提供し、認知症の悪化防止とBPSDなどに対し出現を防ぐことを目的としております。

病棟部門では、認知症疾患によるBPSDなどに対し薬物療法・非薬物療法による治療を行っており、医師による専門的治療や看護師・介護福祉士・作業療法士によるケアも治療効果をあげております。また退院後に適切な診療を行うため、地域の「かかりつけ医」との連携に努めております。

認知症に関する知識の普及・啓発を進めることをねらいに、一般県民、医療・福祉施設従事者および家族介護者などに研修や個別相談を行う介護教育部門を設けております。

今後とも認知症疾患の専門病院として、「高齢期の方々の尊厳を踏まえ、こころ温まる医療の提供と地域から愛される病院を目指します」を理念に、患者さん中心の医療の質の向上と効果的なサービスの改善を図るべく、努力を重ねていく所存です。

  • 福井県立すこやかシルバー病院
  • 院長 伊藤 達彦
↑このページトップへ